みんなのために、地球のために。産業廃棄物処理事業振興財団の産廃情報ネットです。

サイトマップ

公募

2017/08/07

役員候補者の公募について


公益財団法人産業廃棄物処理事業振興財団は、次により役員候補者を公募いたします。

1.公募する役員候補者の役職

理 事(常勤:専務理事候補) 1名


2.任期

任期は、公益財団法人産業廃棄物処理事業振興財団定款第41条第3項の規定に基づき、前任者の残任期間とする。(残任期間は、公募による選考後、平成29年9月開催予定の臨時評議員会終結後から、平成30年6月に開催される定時評議員会の終結の時まで。ただし、再任は妨げない。)


3.公募ポストのミッション、求められる人材のイメージ等

(1)当財団は、産業廃棄物の処理施設に必要な資金の融通の円滑化その他の産業廃棄物の処理に係る事業の振興措置及び事業者による産業廃棄物の適正な処理の確保を図るための自主的な活動を推進することにより、産業廃棄物の排出事業者の支援、産業廃棄物処分業者等の育成及び産業廃棄物の適正な処理の確保を図り、もって生活環境の保全及び国民経済の健全な発展に寄与することを目的としています。
 なお、業務内容については、別紙「業務内容書」をご覧ください。
(2)専務理事は、理事長を補佐し、財団の重要な経営方針の立案等重要事項に参画するとともに、財団の事業の相手方は、国、地方公共団体、産廃処理事業者、排出事業者、銀行等各方面にわたることから、公正・中立でかつ的確な業務執行ができる幅広い知識と能力があり、財団内部を統制するためのリーダーシップのある人材を求めます。
 なお、一般社団法人及び一般財団法人に関する法律第65条(役員の資格等)に該当する方は応募できません。


4.勤務条件

(1)勤務形態 :常勤(勤務時間、休暇の定めはありませんが、原則として職員の「就業規則」の規定に準じて勤務する。)
(2)報  酬 :「評議員及び役員の報酬等並びに費用に関する規程」に基づき年俸を支給する。
(3)社会保険 :経済団体健康保険組合、介護保険、厚生年金保険


5.公募期間 

平成29年8月7日(月)から平成29年8月28日(月)


6.応募方法

(1)提出書類
①履歴書
・履歴書(市販の用紙で可)に学歴、取得資格、職歴及び健康状態等を記載し、写真(3ケ月以内に撮影したもの)を貼付したもの。
・学歴は、義務教育修了時から年代順に記載
・職歴は、会社(法人)名、主な所属部課名・役職等を記載
・連絡用の携帯電話及びEメールアドレスを記載
・履歴書の記入欄が足りない場合は、別紙に記載してください。(様式不問)
②自己アピール文書
・公募ポストに係る「職務内容、必要な資格・経験等」を踏まえ、例えば「自らの知識・経験を職務にどのように活かしたいか」など、公募ポストに適任であることを簡潔にまとめてください。(A4版、横書き2000字程度)
(2)提出方法
封筒の表に「役員応募」と朱書きし、簡易書留により郵送してください。
送付先:〒105-0044 
     東京都港区虎ノ門1-1-18 ヒューリック虎ノ門ビル10階
      (公財)産業廃棄物処理事業振興財団 総務部
(3)提出期限
平成29年8月28日(月) 必着
(4)その他
・応募書類につきましては、一切返却しません。
・応募に係る費用は、全額応募者の負担とします。
・応募書類に記載された個人情報は、選考及び連絡の目的以外には使用しません。


7.選考方法等

(1)選考方法
①選考は、理事長が指名する外部有識者による選考委員会による審査により理事候補者を選定します。
②選考合格者は、評議員会における理事選任の候補者になります。
③評議員会における審議により理事に選任され、そのあとに開催される理事会において理事の互選により業務執行理事(専務理事)に選定されることになります。
(2)選考の視点
業務内容書において求める資格・経験等を踏まえ、役員としての職務を遂行するために充分な適格性を有しているか総合的に判断します。
(3)その他
選考に関するご質問につきましては、一切お答えできません。


8.お問い合わせ先

公益財団法人産業廃棄物処理事業振興財団 総務部長 田中 吉之
  電話番号 03-4355-0155


     業務内容書